松本市島内の矯正治療に力を入れた歯医者さん

〒390-0851 長野県松本市島内5000-2
JR島内駅より徒歩5分

 
 9:00~12:00
14:00~18:00

△:14:00~17:00
休診日 日曜 祝日 木曜

ご予約・お問合せはこちら

0263-47-6670

矯正症例

小児矯正

保育園から小学校低学年にかけては身体の成長に伴って顎も発育します。また、乳歯が残っていて、上下の顎の、前後の位置関係、上顎が下顎より前にあれば上顎前突(いわゆる出っ歯)、下顎が上顎より前にあれば下顎前突(反対咬合又は受け口)といいますが、この上下額の位置関係を、正すのに適した時期であります。

この時期の顎の発育を利用して、矯正装置を用いて成長方向をコントロールすることによって、歯を抜かなくても、キレイな歯並びになるような、顎の前後の正しい位置関係や適切な顎の大きさに育てていくことができます。

 

保育園からの矯正

反対咬合
 
 

「受け口」の症例です。

顔の特徴は、下顎が出た、いわゆる「シャクレ顔」です。 

下顎の骨が成長しすぎている一方、上顎の成長が不足しています。(反対咬合)

治療前の写真を見てお分かりのように、上顎の成長を、下の前歯が邪魔をしています。
このまま放っておくと、上顎の成長不足が継続し、下顎の成長だけが進行し受け口が今以上に顕著になってしまいます。

このお子さんに、今してあげたいことは 、上顎がよく成長するように誘導してあげることです。
このお子さんは保育園の年中さんですが、この時期から治療を始めました。
治療開始が遅くなると、下顎の成長し過ぎがさらにすすみ、上顎を前へ成長させる量が増え、治療が長期化し、場合によっては下顎成長に上顎の成長が追いつかなくなってしまうこともあります。
その場合、手術で下顎を短くしなければ治らない事態になることもあります。
 このように骨格性の反対咬合は、早いうちから治療を開始したほうが、同じ治療をしても、遅れて治療を始めた場合と比べて、短い期間で大きな効果を得ることができます。

このケースでは上下の顎の反対咬合を改善しました。(一期治療)
この段階では、歯はきれいに並んでいますが、永久歯になったとき、歯並びがデコボコしてしまう可能性もあります。その場合は、永久歯に生え変わってから、歯のデコボコを治すための矯正治療を行います。(二期治療)

小学校低学年からの矯正(顎、歯列の成長誘導)

軽度の上下額前突 叢生(非抜歯治療)

 小学2年生から上下額の成長誘導をおこなった症例です。
 上顎へは、前方への成長を抑制し、歯列が拡大するように,下顎には前方へ成長するように成長方向の誘導をしています。(一期治療)
 その後、永久歯が生えそろったところで歯並びを整えています。(二期治療)

重度の上顎前突 (非抜歯治療)

 小学1年生からの歯列を整えながら上下額の成長誘導をして重度の上顎前突(いわゆる出っ歯)を非抜歯で治療した症例です。
 
下顎が上顎に比べてかなり引っ込んでるため、上顎は歯列を整えながら、横に広がるように、下顎は前に成長するよう誘導しました。(下顎の前方成長誘導)(一期治療)
 その後、永久歯が生えてから歯列を整えて仕上げています。(二期治療)

 

永久歯の矯正

顎の成長が見込めなくなってくる年齢です。

歯を抜かずに治療することを最優先いたしますが、顎が歯に比べて極端に小さい場合、顎と歯の大きさのバランスが悪く、かえって不自然になる場合があります。

その場合、どのような不自然が生ずるのか。それはどの程度おこるのか。そしてそれは将来どのような影響が生じるのか。抜いて治療を行う場合のそれぞれの、メリット、デメリットをご説明し、ご相談した上で治療を進めてまいります。

小学校高学年、中学、高校からの矯正

上下額前突 叢生 (抜歯治療)

顎の成長がほとんど見込めないので、歯列の大きさと顔とのバランス。

嚥下機能とのバランスを考えて、永久歯を抜いて治療することになりました。

開口 (抜歯治療)

 この症例は、口を閉じても前歯がかみ合いません。小さいころからの指しゃぶりが発端になることが多く、奥歯が本来よりも過剰に生えて、奥歯だけのかみ合わせになってしまいました。他にも、つばを飲み込む時、上の前歯と下の前歯の間に舌をはさんで飲み込む癖もあります。

 このように奥歯は噛んでいるけれど前歯が噛んでない状態を「開口」といいます。

この治療法は、奥歯が伸びすぎているので、奥歯を歯茎に埋め込めば(圧下させれば)前歯は閉じていきます。

この症例の治療には、このような開口になってしまった原因である舌を前歯の間に押し込む癖を治すトレーニングが必須です。

このトレーニングを、舌を含む口腔周囲筋の筋機能療法(MFT)といい、当院では、訓練されたスタッフがこのトレーニングの指導に当たっています。

成人矯正

叢生 開口 (非抜歯)
小見出し

奥歯が前に倒れ気味に生えているために、前歯は正しく並ぶスペースがなくなっているので、前に倒れ気味の奥歯を起こします。奥歯を起こすと歯は後ろに位置づけられ、前にスペースを得ることができます。得られた前方のスペースを利用して、前歯を正しく並べ、歯を抜くことなく治療しました。開口でもあります(奥歯は噛み合っているのに上の前歯と下の前歯が噛み合っていません)ので、治療では奥歯の圧下を行って、前歯は噛み合うようにしています。

反対咬合 叢生 (抜歯治療)
叢生 下顎3前歯 (抜歯治療)

前歯1本(右下2)が先天欠如しています。
右下の犬歯を右下2の代わりにし、右下小臼歯(右下4)を犬歯の代わりにすることを意図して治療しました。

治療のご予約以外にも・検診・歯石取り・歯のクリーニング・フッ素塗布・治療のご相談のご予約も承っております。
 

0263-47-6670

新着情報

2021年8月24日

ホームページをたちあげましたしました。

診療時間

 
午前
午後

診療時間

午前: 9:00~12:00
午後:14:00~18:00

△ : 14:00~17:00

休診日

木曜・日曜・祝日
 

アクセス

0263-47-6670

〒390-0851
長野県松本市島内5000-2

JR島内駅より徒歩5分